民事再生による解決は住宅ローン等を含めて多重債務の問題に悩む人々を救済するために、マンションを維持しつつも金銭的に再生するための法的機関を通した借金整理の道として平成12年11月に利用できるようになった制度です。

民事再生という制度には、自己破産制度と違って免責不許可となる要件がありませんので、ギャンブルなどで借金したような場合でも申請はできますし、破産をすれば業務できなくなるリスクのあるポストで給与を得ているような方でも制度の活用が可能になります。

破産の場合には、住宅を保有したままにすることは許されませんし、他の債務処理方法では、借金の元金は戻していくことが求められますので住宅ローンも返しながら返済をしていくことは多くの場合には難しいと思われます。

民事再生による手続きを選択できれば、住宅のためのローン以外の借入金は十分な金額を圧縮することも可能ですのでマンション等のローンを続けながらあとの負債を払い続けることが可能というわけです。

民事再生という手段は任意整理による手続きまたは特定調停等とは違い一定の借り入れを省いて処理していくことは許されませんし破産の際のように負債それそのもの消滅するわけではありません。

くわえて、他の整理方法に比べていくらか簡単ではなく手間が必要ですので、住宅ローンがあって住宅を維持していきたいような時を除外して、自己破産のような他の方法がとれない時の限定的な解決策と考えるのがいいと思います。