クレジットカードを契約していると毎月、契約しているカード会社から利用明細書の通知があります。

この利用代金明細を見るとどこの店で何時ごろ何の品にどれくらい消費したのかについての詳細事項が書かれているため、これまで使ったリストを見るのが本当に簡単で安心です。

代用はなんとも使いにくいと思いますがまとめやすい家計簿に類するものとしてファイルすることもできるため支出管理の助けにもなると思います。

それから上記のクレカ利用明細郵送されてからおおむね十日ぐらいしてから未払い料金の支払いが実行されます。

ということは届いたクレカご利用明細を確認してみて感覚的に記憶にない場所例をあげると頼んでもいないサービスが記載されていれば、指定の電話番号に電話をして尋ねればOKなことがほとんどです。

それで盗用カードによる不正使用に類する正当でない使用が判明した場合でもクレカ使用者に責任がない時には、ほとんどの状況においては加入カード会社がその異常な項目を請求しないようにしてくれます。

今ではこの便利なカード利用代金明細をWEB上で見ることができるクレカが非常に多いです。

いつでもどこでどのようなサービスを決済したかを把握しておく決まりにしてカード詐欺に用心することはもちろん、出納帳としても使えて預金管理といったこともこれのみでできます(ホームページで参照できるカード会社は昔の決済履歴やリボ払い適用の有無など照会可能な場合が多です)。

クレジットカードはこういった点でもかなり有益なツールだと言えます。