FXの経験の浅い方がFXの要を探し出すためにはまず初めに注文を積んでいく事が大切である。仕事 辞めたい アフィリエイト

特に、未然に危機を気付くようにするためには負けを積むことも体験のひとつです。

当然、失敗するといっても、再起できないほど決定的な間違いをする事は許されません。

小さいケアレスミスを積み重ねることが結論としてあなたのレベルを上げてくれるはずです。

そう考えると最初は少額資金でエントリーして、そこで簡単な負けを経験することをおすすめする。

ひとつの例として、100万円だけしか投資資金がない人が、はじめから100万円を全て投じてエントリーすると、ミスした時その後立ち上がれなくなってしまう恐れがあります。

それよりは、仮に10分の1ずつ分けてエントリーしてそれによって売ったり買ったりを積み重ねた方が、段々と間違いを減らす技術なども学んでいくはずです。

はじめに少ない額で売買する事の長所は、先に記したように、自分自身の経験値を高め、間違いを避ける技術を学んでいく事にありますが同時に、注文の回数を繰り返す事で危険を削減できるという利点もあります。

例として、1度だけの売り買いで儲けられる確率が5割だと考えます。

この場合、同じ条件で負ける危険性もあるということになります。

勝率5割ということは。

半分半分の割合で勝てることを現しています。

ところが、全ての投資資金を使って1度のみの勝負をするということは、勝つか、負けるかのどちらかになってしまいます。

このままではたんに賭博と同じです。

それは全ての投資資金を投入して1度しか仕かけないと、この分だけ損失が生じるリスクが高まってしまいます。

そのため、資金を全てつぎ込むのではなく、いくつかに分割して、チャンスを積む事が危険性を減らす事になります。

だからといって少しずつに分割しても全ての注文で儲ける事は大切ではありません。

むしろ、勝利する事が出来ないのが実情です。

重要なのは、勝利回数ではなく、どのように儲けるかである。

勝率が2分の1でもまた5割以下でも稼ぐ事は出来ます。

それ以上負けても損が少しであれば、3割の勝ちの利益の大きさで十分に儲けられる。

そのために重要な事は、損を小さく、利益を大きくを心がけることです。

損益が出たら即ロスカットして、それとは反対に勝った状況では上手く利益を出す事が、FX投資をはじめたばかりの方がFXで勝利するための方法です。